ワードプレスを使うメリットとは? デメリットもある?

https://spiceofbiz.com/wp-content/uploads/2019/04/hatena.jpg
ネット太郎

ブログ・サイト作りに、なぜワードプレスが良いって言われるのかな? デメリットってないのかな?

https://spiceofbiz.com/wp-content/uploads/2019/04/compass2.jpg
スパイス

なぜこんなにもワードプレスが世界中で使われているのか、ブログ・サイト作りを始める前におさらいしておこう。


スパイスです。

今や世界中のサイトの約3分の1はこれで作られているといわれるワードプレス、そもそも、なぜこんなにワードプレスに人気があるのでしょうか。
使い方を説明する前に、今回はそのことに少しふれたいと思います。

一からWEBサイトを作成しようとすると、HTMLやCSS、JavaScriptといったWEBを作成する技術の習得が必要になります。さらに、たくさんのコンテンツを管理するには、PHPなどのプログラミング言語の知識も必要になります。

少しでも早く自分のブログ・サイトを公開して、アフィリエイトしたいと思っているのに、これらすべてを習得してからサイト作りをするとなると気が遠くなっちゃいますよね。

しかし、WordPressを使うことによって、様々なステップをすっ飛ばしてWebサイトを公開することができるため、初心者でも簡単にWebサイトを作ることができます

WordPressは世界で一番使われているCMS(コンテンツマネージメントシステム)です。WordPressで作成された日本の有名なサイトとして、クックパッド東京大学博報堂浦和レッズなどがあります。

コンテンツマネージメントシステム:Webサイトを構成するテキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、サイトを構築、編集するソフトウェア

個人で情報発信していくのにもぴったりで、さらに大手企業がこぞって採用するほどの発展性も備えている。

そんな魅力的なWordPressのメリットとデメリットについて、ざっとまとめてみましょう。

WordPressを利用するメリット

  • 無料で利用できる
  • サイト構築が簡単
  • 豊富なテーマ(テンプレート)から好きなデザインが選べる
  • プラグインで自由に機能を追加できる
  • カスタマイズが高く、情報も多い
  • 初心者でもSEOに強いサイトが作成できる

無料で利用できる

オープンソースとして世界中に公開されているソフトなので、だれでも無料で利用することができます。

しかも実際利用してみると分かりますが、よくこれだけの機能が備わったソフトを無料で使えるなと感心してしまうほど高機能です。

当然利用者も多く、参考となる文献やネット上の情報も豊富なので、学習するにも困った時にも安心して取り組むことができます。

ブログ・サイトの構築が簡単

次にサイトの構築が簡単にできること。
初心者にとって、ここは大変ありがたいポイントだと思います。

WordPressはブログ形式でホームページが作成できるツールです。
そのため、HTMLやCSSの知識がなくても、ブログ感覚で簡単にページの作成や更新を行う事ができます。

基本的には、「文字の入力」と「画像の貼り付け」でホームページが作成・更新できてしまいます。


上の画像は当記事作成途中の画面ですが、ご覧の通り実際にWEBページを見た感覚(ビジュアルモード)で作成できるので、すごく分かりやすく楽です。
もちろん、コード編集に慣れている方なら、htmlの編集モードで作成することもできます。

初心者はビジュアルモードを利用してブログ編集をする感覚で、上級者ならテキストモードでHTMLやCSSを使用しながら書き進めるなど、用途に応じて使い分けることができるのです。

豊富なテーマ(テンプレート)から好きなデザインが選べる

WordPressでいうテーマとは、Webサイト全体のテンプレートのことです。

テーマは複数のファイルの集合体で、デザインなどの内容が一式セットになっています。

そのため、テーマを変更すれば複雑な処理を行うことなく、記事内容に変更を加えることなく、Webサイトのデザインや構成、機能などを変えることができてしまいます。

作成しているブログのデザインや使い勝手などに不満があったり、ちょっと気分で変えたい時にも、テーマを変更することでがらっとサイト全体を変更することができてしまうんです。

もちろん、変更する際には不慮の事態を防ぐためバックアップをとったり、カスタマイズした設定をやり直す必要があったりするので注意は必要ですが、優れたデザインのテンプレートを簡単にいくつも試せるというのはすごいことだと思います。

テーマは、インターネット上で無料ダウンロードできるものから、有料で販売されているものもあります。技術を習得して、よりこだわりたくなった場合は、自分で作成したテーマをアップロードして適用することもできます。

WordPressテーマとしてネット上で検索すればたくさんのテーマが見つかります。

日本語ブログ・サイトに適するようカスタマイズされた、優れたテーマも数多くありますので、気に入ったものを選んで使うことができます。

ただ、セキュリティ上など安全面に問題があるテーマもあるので、できれば公式テーマか、有料のきちんと安全性が考慮されているテーマを選ぶ方が無難だと思います。

プラグインで自由に機能を追加できる

次は、プラグインが非常に豊富なこと。

プラグインとは機能を追加するプログラムで、WordPressの管理画面から簡単に、無料で追加していくことができます。

プラグインを利用すると、セキュリティー対策ができたり、問い合わせフォームを簡単に作れたり、各種SNSと簡単に連携できたりします。

検索してみると、できないことはないんじゃないかと思うくらいに豊富なプラグインがずらっと並びます。

各プラグインの紹介には利用者の評価も載っているので、参照しながら適時自分が必要とするものをインストールしていけます。

ただ、やみくもに追加していくとWordPressの動作が重くなったり、プラグイン同士がコンフリクトして不具合が起こったりすることがあるので、使いすぎには要注意です。

これらに関してもネット上を検索すれば、おすすめのプラグインとしてたくさんの情報が出てきますので、参考にしてみてください。

このブログでも、WordPressのテーマとプラグインについては、おすすめのものを随時検証して追々ご紹介していくつもりです。

カスタマイズが高く、情報も多い

無料のホームページ作成サービスやブログサービスと比べ、WordPressは非常にカスタマイズ性が高いです。

無料ブログサービスだとカスタマイズできる範囲に制限がありますが、WordPressはテーマを編集することができれば自由にカスタマイズを行うことができます。

テーマやプラグインの追加のような誰でも簡単にできるカスタマイズから、htmlやcss、PHPといったWEB技術を使ってテーマ自体を編集しての本格的なカスタマイズまで可能なので、これほどたくさんのユーザーを獲得しているのでしょう。

優れたテーマ(テンプレート)がたくさんあるので、気に入ったテーマを使い、記事を書いて画像をアップするだけで充分に美しいサイトが作れますが、次第にWEB技術を習得すれば、自分の更なる理想形へも作り替えていけます。

ユーザーが多いということは、情報も豊富にあるということなので、カスタマイズに関する情報もネット上でたくさん出てきます。

わざわざセミナーなどに出向かなくとも、ネットの情報でほとんど知りたい内容が得られ、勉強できるのはいいですよね。

初心者でもSEOに強いサイトが作成できる

最後にSEOに強いというメリットがあります。

SEOとはサイト検索での集客力です。
サイト検索で上位にあがるほど集客力はあがっていきます。

SEO対策としてWordPressを使う事は、Googleの検索エンジン担当者も推奨しているということです。

WordPressは、デフォルト状態でかなりSEO対策を意識した設計になっているため、初心者でも簡単にSEOに強いサイトを作ることができます。

SEO対策に特化したテーマも出回っていますので、SEO対策に重点を置きたいという方はこうしたテーマを選ぶことによって、手軽にSEOに強いサイト作成が可能になります。

WordPressを利用するデメリットは?


メリットばかりのようなWordPress。利用するにあたってデメリットはあるのでしょうか。

  • 費用がかかる
  • 表示速度が若干遅くなる?
  • セキュリティー面

費用がかかる

すべてが無料で配信できる無料ブログサービスと違い、WordPressを使ってブログ・サイトを運営するには、独自にレンタルサーバーと契約し、独自ドメインを取得しなければなりません。

サーバーとドメイン取得料金を合わせて年間15,000円程度の出費が必要になりますが、自分で情報発信し、ビジネスを見据えるのなら、気にならない程度の出費ではないでしょうか。

表示速度が若干遅くなる?

WordPressはPHPというプログラミング言語を使って表示するページをその都度組み立て、データベースから必要なデータを引っ張って表示しているので、作成したページがそのまま表示されるような、静的なWEBページと比べると若干表示が遅くなると言われています。

ただこれも、よほど込み入った作りをしたサイトづくりをしない限り気にするようなものではないと思います。

セキュリティー面

WordPressはオープンソースなので、プラグインやテーマ、数々の情報など、無料でその恩恵を受けることができます。

しかしその反面、ハッカーからの攻撃に対し脆弱性があるともいえます。

世界中の人が使用しているシステムですので、その分サイトを狙われる可能性も大きくなるわけです。

ただ、WordPressがセキュリティーに弱いということではなく、どのようなシステムでもハッキングはあります。

サイト作成する際にしっかり対策をしておけば大丈夫。
最低限しておく対策方法に関しては別記事にまとめていきます。



WordPressのメリットとデメリットについて簡単にまとめてみました。実際に使用してみると、その便利さがわかるのがWordPressです。

ぜひあなたもWordPressを利用して、良質なテンプレートを使い優れたプラグインを導入して、オリジナリティ溢れるサイトを構築し、最高のコンテンツを発信してみてください。

https://spiceofbiz.com/wp-content/uploads/2019/04/netkun.jpg
ネット太郎

やはりブログ作成にはWordPressが適しているみたいだね。早速導入してトライしてみよっと。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。